歯周病治療|クローバー歯科豊中駅前アネックス

大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか4階
歯
Menu
歯周病治療

健康な状態と歯周病

歯周病とは

歯周病は細菌感染によって歯ぐきや歯の周りの組織に炎症が起こる病気です。

歯周病を予防すること、歯周病が進行しないようにできるだけ早期治療をすることがとても重要です。

歯

プラークは歯周病菌の塊です。プラークが長時間お口の中にとどまって膜を作った集合体をバイオフィルムといいます。そのプラークが唾液に含まれるミネラル成分よって歯石として沈着します。

当院ではプラーク(歯垢)やバイオフィルム、歯石除去などの歯周基本治療・予防を中心に歯周病治療を行っております。

歯周病のサイン

歯周病のサイン

朝起きた時に口の中に不快感がある、歯ぐきに出血があるなど、少しの変化でも歯周病が進行しているサインです。

このような症状はありませんか?

1つでも当てはまれば歯周病の可能性があります。早めに診察を受けましょう。

エアフローによる
歯周病予防・治療

エアフローで歯周病予防・治療

当院ではEMS社の「エアフロー プロフィラキシスマスター」を導入し、バイオフィルムの除去や歯面清掃を行っております。

エアフローの特徴

  • 低侵襲
  • 痛みを抑える
  • やさしく安全

バイオフィルムはお口の中でネバネバとした細菌膜のことで歯周病の根本的な原因となります。この粘性のフィルム状の膜は歯みがきでは落とすことができません。

GBT(Guided Biofilm Therapy)という最新のバイオフィルム除去システムによって歯周病予防・メンテナンスを行うことができるのがエアフロープロフィラキシスマスターです。

侵襲性が低く、効果的に歯周病予防ができるエアフロー プロフィラキシスマスターは、歯肉(歯ぐき)や歯にダメージを与えずにバイオフィルムや歯石を除去できます。

パウダー微粒子を水と一緒に吹き付けて汚れを落としていきますので、痛みが少なく、スピーディーにメンテナンスを行うことができます。

歯周病の進行

歯周病の進行

歯周病は気づかぬうちにゆっくりと静かに進行する病気です。

軽度の歯周病で歯自覚症状はほとんどありません。歯ぐきが少し腫れたり、歯磨きなどで出血がみられることがあります。

中度の歯周病になると歯ぐきの炎症も進行しています。歯周ポケットも深くなり、歯石も溜まっています。歯槽骨という歯を支える骨が溶け始めます。

このころには歯ぐきの腫れや出血の他に口臭などの自覚症状があります。

重度の歯周病になると歯を支えている歯槽骨がほとんど溶けて歯を支えられなくなってしまい、歯がぐらぐらと動揺します。

詳しくは歯周病専門サイトをご覧ください
家族

地域の方々が安心して受けられる
やさしい歯科治療

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6152-6334
診療時間 月〜土 9:00〜13:00/14:00〜20:00
歯に関するご相談は
06-6878-4520
(歯科相談窓口 月〜土 9:00〜18:00)
矯正・審美・インプラント無料相談受付中