虫歯治療|クローバー歯科豊中駅前アネックス

大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレとよなか4階
歯
Menu
虫歯治療

歯

虫歯の進行と治療方法

虫歯の治療は進行度によって変わってきます。

虫歯の進行

CO

初期虫歯のCO(シーオー)は少し歯の表面のカルシウムなどの成分が溶けて、ざらざらした状態になっています。

COの治療法

歯に穴はあいていませんので、削るなどの治療はせずに済むことが多いです。正しい歯磨きやフッ素塗布などの予防処置で歯の石灰化を促します。

C1

C1(シーワン)は虫歯が進んで歯のエナメル質に穴があいてしまった状態です。

C1の治療法:コンポジットレジン(CR)による治療

コンポジットレジン(CR)による治療

まず虫歯の部分を削って取り除き、コンポジットレジンを充填して、光を照射して固めます。

C1であれば歯を削る量も最小限で済みます。

※コンポジットレジンとは白いプラスチックの樹脂です。歯に詰めるときはペースト状ですが、LED照射器で光を照射すると固まる性質があります。

C2

C2(シーツー)歯の象牙質まで進行してしまった虫歯です。神経まで達していないため、痛みは強くありませんが、冷たいものや甘いものがしみるようになります。

C2の治療法:インレーによる治療

インレーによる治療

虫歯の部分を削って型を取ります。インレー(詰め物)を作製するため型取りをして、一旦仮詰めをします。

インレーが出来上がったら、インレーを装着して治療終了となります。

金属の色や金属アレルギーが気になる方は白いセラミックインレー(保険適用外)もご用意しております。

C3

C3(シースリー)は歯髄まで虫歯が進行し、歯髄炎を起こしている状態です。歯髄というのは歯の神経です。神経まで虫歯が達しているので、強い痛みを感じます。

C3の治療法:神経を取り除きクラウンによる治療

クラウンによる治療

C3になるとかなり深く削って、神経を取り除く治療が必要になります。その後かぶせ物をします。

感染してしまった神経(歯髄)を取り除き、お薬を入れて症状がなくなったら蓋をします。この治療を根管治療といいます。

クラウンの土台を立てて型取りをしてクラウンを作製し、出来上がったクラウンを装着します。

金属の色や金属アレルギーが気になる方は白いセラミッククラウン(保険適用外)もご用意しております。

C4

C4(シーフォー)は歯髄が死んでしまっている状態です。歯の全体が虫歯に侵されています。神経が死んでいるため痛みは感じなくなっています。歯根には膿が溜まっています。

C4の治療法:抜歯後入れ歯・ブリッジ・インプラント治療(またはクラウンによる治療)

クラウンによる治療

大きく削ってかぶせ物をすることができればC3と同様のかぶせ物の治療になりますが、残念ながら抜歯となることも多いです。

抜歯後は骨や歯肉の状態が回復するのを待ち、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの治療法を行います。

どの治療法を選べばいいのか悩まれると思いますが、それぞれの治療のメリット・デメリットなど詳しくご説明しております。

痛みを抑えた虫歯治療のための取り組み

歯科医師

当院では痛みに配慮して虫歯治療を行っております。

麻酔をする

痛みが出ると予想される治療を行う際には必ず麻酔をします。

麻酔時には極細の注射針で痛みを軽減

麻酔に使用する注射針が太いほど痛みを感じやすくなりますので、極細の注射針を使用して痛みを軽減します。

麻酔薬を温める

麻酔薬の温度によって痛みを感じることがあります。

麻酔薬が冷たいと痛みを感じやすいため、体温くらいの温度に温めてから使用します。

麻酔を温める

電動麻酔器でゆっくりと麻酔薬を注入する

電動麻酔器を使用すると麻酔薬をゆっくりと注入することができます。

自動制御された速度で麻酔薬と注入すると余計な圧力がかからず、痛みを感じにくくなります。

電動麻酔器

笑気麻酔について(保険適用)

笑気麻酔

当院では笑気麻酔を行っております。笑気麻酔とは鎮静・鎮痛・睡眠作用のある吸入麻酔です。

鼻から笑気ガスを吸うことで不安や恐怖感、ストレスを和らげ、リラックスする効果があります。

笑気麻酔は子供から大人まで使用できる安全な麻酔です。

歯医者が怖い・虫歯治療が不安という方はお気軽にご相談ください。

詳しくは虫歯専門サイトをご覧ください
家族

地域の方々が安心して受けられる
やさしい歯科治療

お気軽にご予約・お問い合わせください

06-6152-6334
診療時間 月〜土 9:00〜13:00/14:00〜20:00
歯に関するご相談は
06-6878-4520
(歯科相談窓口 月〜土 9:00〜18:00)
矯正・審美・インプラント無料相談受付中