矯正歯科

前歯がねじれているのは部分矯正で治りますか?

前歯がねじれているのは部分矯正で治りますか

前歯がねじれて生えている場合、部分矯正で治すことが出来るかどうかご説明します。

部分矯正とは

部分矯正は、全体的に歯を動かすのではなく一部分の歯(主に前歯)だけを動かす矯正治療です。

歯を大きく動かすわけではないので、治療期間は3ヶ月~1年ぐらいと短く、治療費も抑えられます。

部分矯正が適しているのはこんな方です

部分矯正は、前歯の間に隙間が開いているなど、部分的なお悩みの解決に最適です。

また、一度矯正治療を行った方の歯並びが少しだけ後戻りした時にも部分矯正で治療出来ることがあります。

部分矯正で使用する矯正装置

部分矯正で歯に装着する矯正装置には以下のようなものがあります。

  • 表側ワイヤー
  • 裏側ワイヤー
  • マウスピース型矯正装置
  • セラミック矯正

前歯のねじれはどうして起こるの?

ねじれて斜めになって生えている歯のことを捻転歯といいます。原因はいくつかあり、遺伝ということもあります。ねじれた前歯は、乳歯から永久歯への生え替わりの際にねじれて生えてしまったものが大部分ですが、大人になってから前歯が徐々にねじれた位置に動いてしまう場合もあります。

1.顎が小さくて歯の生えるスペースが足りなかった

前歯がねじれて斜めに生える原因の中で一番多いのは、顎が小さいために歯がきれいに並びきらず、スペースが足りない所に歯を無理やり並べたために起こるというものです。

大人になってから歯が捻じれて斜めになってきた場合は、親知らずが歯を押しているために前歯が動いて斜めになってしまったというケースが多いです。

2.乳歯が虫歯になっていた

意外に思われるかもしれませんが、乳歯の前歯の虫歯は、永久歯の前歯がねじれて生えてくる原因となります。

虫歯が進行すると、歯の根の部分から細菌や細菌に汚染された組織が出るため、次に生えてくる永久歯はこの部分を避けて生えてきます。そのため永久歯が正常な場所から少し移動してしまい、ねじれて生えてくることがあります。

3.指しゃぶりなどの癖

指しゃぶりの癖は前歯がねじれる原因となります。永久歯が生えてきた時はねじれていなくても、その後に指しゃぶりや舌で歯を押す癖があると、歯が捻じれたり歯の隙間が開いたりします。

歯並びに悪影響を与えて噛み合わせが悪くなる癖としては、これらの他に、爪を噛む癖、頬杖をつく癖、猫背などがあります。

まとめ

女性

前歯がねじれて生えている方の場合に部分矯正で対応可能かどうかについてご説明しました。

「治療期間が長い」「治療費が高い」というのが歯列矯正の代表的なデメリットですが、部分矯正は部分的に歯並びを治すだけなので、治療期間は短く、費用も安価に抑えることが出来ます。

噛み合わせには問題がなく、前歯の歯並びだけを治したい場合には、部分矯正は有効な治療法となります。

クローバー歯科豊中駅前アネックス